暑気払い

8月に突入しました。うだるような暑さが続き体調も崩れやすい時期・・・夏の暑さのために元気がなくなる、病気になることを「暑気(しょき)あたり」といい、医学的には暑熱障害と診断されます。

代表的なものは熱中症・・・強い直射日光にさらされたり、大量に汗をかいたりする事で体内の水分や塩分が不足し、めまいやたちくらみ、頭痛、吐き気、ひどい場合には痙攣や意識障害、生命に危険を及ぶ場合もありますので、予防が大切です。

その暑気(夏の暑さ)を軽減する工夫を「暑気払い」といいます。エアコンや扇風機の利用はもちろんのこと、冷たい飲食物をとったり、涼しい服で過ごす、水遊びや海水浴、打ち水などで夏の暑さを和らげたりと、夏に私達が普通にやっていること。

キンキンに冷えたビール、シャキッと冷えた冷麺、アイスクリーム、冷やしそうめん、スイカ・・・キーワードをみるだけでも涼しくなりそう~飲み物や食べ物で涼を取るのは手っ取り早いですからね。でもお腹の冷やしすぎには注意ですよ。

ハンディファン(手持ち扇風機)そして食べ物以外の「涼」の取り方で最近よく見かけるのがハンディファン(手持ち扇風機)です。ブームを作った人は賢いな~世の中に貢献しているな~とつくづく思います。

ただ、使い方に注意が必要なこともあるようですよ!汗は放散させることで体温を一定に保つ働きをしています。「汗だけがすぐに乾いてしまうと、身体の熱はこもったままになり脱水症状を引き起こす危険もある」と専門家が警鐘を鳴らしています。35度以上の気温で使い続けると逆に身体を温めてしまい熱中症リスクも高まります。濡れタオルの併用なども推奨されていますので、正しい使い方を心がけていきましょう。

さて、来週は旧盆です。亡くなった大切な人やご先祖様が年に一度自宅に戻ってくる期間、しっかりと供養を行っていきましょう。旧盆のウンケーの日の1週間前にはお墓掃除・お墓参りの「タナバタ」があります今年は8/4がタナバタです。ぜひ自分なりの「暑気払い」を意識して、暑さをしのぎながら作業を進めてくださいね。

また、お墓掃除の際に、お墓に異常がある、不具合を見つけた、今のお墓に何らかの不安があるという方は、株式会社天久石材へご相談ください。

例えば・・・

  • お墓の建立をしたいが安くていいお墓を探している
  • お墓まわりに雑草が生い茂って参っている
  • 土砂が崩れてお墓に影響して危険だ・・・
  • 苔や汚れが目立って気になる
  • お墓の備品やブロック塀などが壊れてご先祖様に申し訳なく思っている

など、お墓事で気になることがあれば、ぜひ株式会社天久石材へご相談ください。

お墓の建立や定期的なメンテナンス、草むしりなど、お墓ごとはプロに任せるのが一番です。

気になる見積もりも無料です!まずは相談だけでもOKです! 株式会社天久石材では、沖縄のお墓事情にあわせ、真心をこめてお手伝いさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

close Modal