春のお彼岸

桜沖縄では一気に夏がきたような天候が続いていますが・・・季節はまだ「春」ですよ! 春といえば卒業、進級、入学、就職など、別れと出会いの季節ですね。

次のステージへ移る時は何かと準備が必要です。

それは心の準備であったり、環境を整えることであったり・・・時間もお金もかかること。人によってはストレスと感じることもあるでしょうが、新しい旅立ちには必要なことですね。

先日、離島出身の同僚とこんな話題になりました。彼女の実家では、イベントがある度に沢山の親族が駆けつけるそうです。特に入学のお祝いは盛大で、朝から「ヤギ汁」の準備をしたりと、それはもう大変だったと今でも覚えているそうです。

聞いていた一同は「小学校入学にヤギ汁~」と驚きつつも、絆の強さに感動していました。

確かに、宮古島では入試の際には家族が駆けつけ、一緒にお昼ごはんを食べて応援するという風景は度々ニュースでも取り上げられますね。主人公のために、周りが心からのエールを送るという昔からの習慣は微笑ましいものです。

自分を応援してくれる人がいる、自分に寄り添ってくれる人がいる、自分を思ってくれる人がいる・・・家族や親類の「絆」は新しい環境においても勇気と安らぎを与えてくれることでしょう。

さて、春のお彼岸に入りました。

「春分の日」の中日をはさみ前後3日間、計7日間は春のお彼岸とされています。お寺などで法要を行ったり、お墓参りや仏壇の掃除をしたりと、先祖供養を行う方も多いこの時期、ご先祖様との思い出を振り返って「絆」を再確認してみませんか?

また、沖縄の先祖供養はお彼岸よりも清明祭(シーミー)ですね! この2年ほどはコロナの影響でシーミーも少人数で・・・との呼びかけがあり、寂しいものでした。ご先祖様や親族との交流を一番楽しみにしている高齢者の参加が特に自粛され、残念でしたね。

今年のシーミーは以前のように親類一同が集い、賑やかに笑顔あふれる光景が戻ることを願っております。

ところで、シーミーに向けてお墓の状況を点検することも必要です。

お墓事に関してお困りはありませんか?気になることやお悩みがあればプロに任せるのが一番です。お墓の建立、全体的なリフォームから部分的な改修・補修、草むしりなど、株式会社天久石材では、沖縄のお墓事情にあわせ、真心をこめてお手伝いさせていただきます。

気になる見積もりも無料です!まずはお気軽にお問い合わせください。

close Modal