七夕

七夕早いもので7月に突入です。今年のはじめに立てた計画は順調に進んでいますか?2022年も折り返しに入りましたので、ここら辺で中間チェックを行っていきましょう。

計画を実行するには願ってばかりではなかなか進まないもの・・・。できることから少しずつでも手をつけていきたいものですね。

さて、7月7日は七夕です。五節句のひとつで、織姫と彦星の夫婦が天の川を渡って年に一度の逢瀬を楽しむ日、短冊に願い事を書いて笹竹に飾る習慣はお馴染みですね。特に小さなお子さんがいるご家庭では笹飾りで盛り上がり、微笑ましい光景が広がっていることでしょう。

この時期はスーパーの特設コーナーにもよく短冊が飾られています。笹竹の準備をしていなくとも、願い事を記す場所があるのはありがたいものです。

近寄って願い事をチェックすると、感心するもの、笑えるもの、心温まるものなど様々で面白いです。とくに印象に残っているのが「世界の人がみんな幸せに笑ってすごせるように」と、幼い字で書かれた短冊です。幼いながらも自分のことではなく、他人の幸せを願うその思いやりに心打たれました。

ところで、現在の日本の行事はほとんどが新暦で行われるようなっていますが、沖縄の行事は旧暦で行うことが多いもの、旧暦の7月7日(たなばた)といえば沖縄ではお墓掃除が一般的です。

お盆の前にご先祖様にお盆の到来を知らせるとともに、お墓掃除をする日なのです。沖縄のお墓は「亀甲墓」や「破風墓」に代表されるように、大きなお墓が多いもの。お墓掃除も大変な労力となります。

今年の沖縄の梅雨は雨が多かったこともあり、植物の成長も例年以上に早いような気がします。長雨の影響は様々なところに波及しています。

  • お墓まわりに雑草が生い茂っていませんか?
  • 土砂が崩れてお墓に影響していませんか?
  • 苔や汚れが目立っていませんか?
  • お墓の備品やブロック塀などが壊れていませんか?

お墓のチェックは定期的に行うことが理想です。お墓ごとで気になることがあれば、ぜひ株式会社天久石材へご相談ください。お墓の建立や定期的なメンテナンス、草むしりなど、お墓ごとはプロに任せるのが一番です。

気になる見積もりも無料です!まずは相談だけでもOKです!

株式会社天久石材では、沖縄のお墓事情にあわせ、真心をこめてお手伝いさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

close Modal