今年の漢字2021年は…

2021年も残りわずか・・・今年もあっという間の1年でしたね。

昨年に引き続き、コロナに振り回された1年でもありました。沖縄で最初にコロナの感染が確認されたのは2020年2月でしたが、2021年8月25日には1日の感染者が809人という数字になり、これから先どうなることやら・・・と不安に思った方も多いことでしょう。

緊急事態宣言によって経済活動は制限され、学校も休校になり、人々の生活は寂しいものとなりました。

しかし、コロナ禍の中、人々の心を癒やしてくれたのが「東京オリンピック・パラリンピック」でした。沖縄勢の活躍も素晴らしかったですね。沖縄初の金メダルを獲得した空手の喜友名選手・野球の平良投手をはじめ、沖縄県出身の選手は過去最多の10人、勇気と元気と感動を与えてくれた選手の皆さんに感謝ですね。

2021年の世相を表す一文字は「金」さてさて、毎年恒例の今年の漢字が発表されました。日本漢字能力検定協会が全国公募により決定する2021年の世相を表す一文字は「に決まりました。応募総数223,773票のうち10,422票(4.66%)を集めての第1位! 東京五輪・パラリンピックで日本人選手が多数の金メダルを獲得したことなどが理由に挙げられているようです。

また、アメリカ大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手や将棋の藤井聡太四冠の活躍で「金字塔」が打ち立てられたとする理由や、新型コロナウイルスに絡む「給付金」などを挙げる声もあったとのこと。なるほど~は色々なところで使われていますね。

金といえば「金色(ゴールド)」も思い浮かびます。金色は風水の中でも最強の色らしいですよ。金運を上げてくれるのはもちろんのこと、ありとあらゆる運気を上げるパワーがあるらしいので、意識して生活の中に取り入れていきたいものです。

他にも運気を上げる方法としておすすめしたいのが「先祖供養」です。ご先祖様は私達のルーツです。そのことを忘れずに、いつでもご先祖様に感謝の思いを伝えましょう。ご先祖様は私達を見守ってくれていますが、供養した人には功徳が返ってくるといわれています。

先祖供養の方法は色々ありますが、お墓参りを行うことも供養のひとつ。2022年も心をこめて手をあわせていきましょう。

お墓のことで気になることがあれば株式会社天久石材にお任せください。お墓の建立、全体的なリフォームから部分的な改修・補修、草むしりなど、真心をこめてお手伝いさせていただきます。

お墓事のお悩みは、株式会社天久石材へご相談ください。見積もりは無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

close Modal