台風シーズン到来

台風8月に突入です。夏休みも真っ只中!夏といえば海水浴、キャンプに花火、バーベキュー、お祭り、お盆など夏ならではのイベントが目白押し・・・しかし、昨年に引き続きコロナ禍のイベントは自粛傾向にあるようで、今年の夏休みも子ども達にとっては物足りないものとなりそうです。

また、これからは本格的な台風シーズンとなるので、常に気象情報をチェックしながらプランを立てていかないといけない時期でもあります。

気象庁発表のデータを見ると、台風の発生数は年間平均25.1個、うち8月が5.7個と最多となっています。2020年の沖縄地方への台風接近数をみても8月~9月にかけての接近数が多いのがわかります。
(気象庁:沖縄地方の台風接近数

まさに、台風シーズン到来です。記憶に新しいのが7月のノロノロ台風6号(インファ)。強い勢力に発達するも、動きが遅く長時間にわたって大雨と強風をもたらしましたね。窓の外のいつもとは一変した風景に、ただ驚くばかり・・・。数日にわたり飛行機や船舶の欠航が続き人の移動が制限され、影響が長引きました。さらに郵便物・宅配便などの配達にもかなりの遅れがでました。

台風が去った後の片付けも一仕事です。飛ばされた物の片付けや排水溝に溜まった草木を取り除いたり、洗車もしなければなりません・・・台風一過のガソリンスタンドの洗車を待つ行列も恒例となっています。塩害は怖いですからね~。自転車などもすぐに錆びてしまうので早めの洗車が肝心です。土砂崩れや冠水で家屋に被害がでているところはかなり大変だったことでしょう。お見舞い申し上げます。

台風はお墓にも影響します。土砂崩れによるお墓や壁の崩壊、老朽化によるヒビ割れ部分からの雨漏り、雨風による草木やゴミの散乱、強風で香炉(ウコール)など小物類が飛ばされたり、物がぶつかって破損するなど、台風の威力を目の当たりにします。

台風で壊れたお墓をそのままにしていませんか?大切なご先祖様の遺骨を守るためにも、早めの対策を心がけていきたいものです。

自然の猛威の前では人間は非力ですが、災害に備えることはできます。また、復興の力も人間ならではの特権です。これからのシーズン、「台風のたまご」である熱帯低気圧が次々と発生してきます。台風情報に耳を傾けながら対策を万全にして備えていきましょう。

さて、旧盆が近いですね!そろそろお墓掃除の準備をしていきませんか?また、お墓のことで気になることがあれば天久石材にご相談ください。お墓の建立、全体的なリフォームから部分的な改修・補修、草むしりなど、真心をこめてお手伝いさせていただきます。

お墓事のお悩みは、株式会社天久石材へご相談ください。見積もりは無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

close Modal