ユタの力~あなたは信じる?

「医者半分ユタ半分」と沖縄の人はフツーに使う。嘘のようなホントの話。

母の知り合いのお医者さんは、自分の具合が悪くなると、馴染みのユタを呼んで祈祷を上げてもらうらしい。「えっ?医者ですよね。科学の力より霊力頼みなの?」と皆に聞かれるそうだが、その医者にとって、彼のユタは絶大な力を発揮するそうだ。

医者が治せない病をユタが治すというのは、沖縄アルアルのひとつ。

私の知人も子供が原因不明の熱が出た際、ユタの家に行ったという。その時の様子が面白い。一通り祈りの言葉を唱えると、用意された泡盛を口に含み、プワーとその子の顔に吹きかけたそうだ。(まるでアフリカの呪術のよう・・・。)
泡盛スプラッシュを顔に受けた子供はかなり面食らったが、効果抜群!
知人が言うには、子供にとり憑いていた“何か”が、ユタの泡盛攻撃に驚き、無事外れたので熱はスッと冷めたそうだ。俄かには信じ難いけど、実際、治ちゃったんだからユタの力ブラボー!という気になりますね。

さて、沖縄のユタは、医者としての役割の他に、未来や家族の問題を霊的立場から見る能力がある。

先日、とある集まりでユタの話題になった。同席していた方が、祖母が亡くなって100日目にユタを呼んだという。その時ユタは開口一番、「『お婆さんは、草履はどこね?』と聞いているよ」と告げた。

これには家族一同びっくり。

実は、火葬後に、棺桶に草履を入れ忘れたことに気づいていた。
「でも、もう遅いさね。幽霊は歩かないでしょ!」と言いわけをしていた矢先の指摘!慌てて、仏壇に草履を供えたそうだ。

この話を受けて、別の参加者が話してくれたユタエピソードも興味深かった。
亡くなった祖父のことをユタに尋ねると
「おじいさんは、濡れているね。気持ち悪いって!何かな~。雨漏りしているのかな~。そのお墓、建ててだいぶ経つでしょ?」
と言われたので、早速、お墓を点検すると屋根に穴が開いていた。

お墓の補修

そこで、お墓の補修を頼むことにしたのだが、ふと沸いた疑問が
お墓の補修ってどこに頼めば良いの?

答えは、石屋さん。石材店です。
勿論、天久石材店でもお墓の補修を行っていますよ。
補修が必要なお墓について気軽にご相談下さい。

お墓の補修

お墓の補修は、大切な先祖供養!
HPに実例を掲載してるので、ぜひご覧くださいね。

沖縄アルアル・・・ユタ話はまだまだ尽きない。でも、長くなるからまた今度ね!

close Modal